アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
July 2014
M T W T F S S
« Jun    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

矯正歯科について

矯正のリスク

「矯正歯科」などは歯などの歯並びや噛み合わせを治療をしてくれて、歯などの色々な症状を改善してくれる歯科病院です。
歯の矯正などは、顎などの機能障害の顎変性症などを改善し、不正咬合などの噛み合わせの悪い症状を改善してくれるようです。
特殊なワイヤーなどを用いて、歯の並びを正常にし食事中の不快感を改善などもしてくれるので歯の矯正を利用している人はとても多いようです。
歯の見た目なども良くなる効果もあるようなので、色々な人が興味を示しているようです。

審美歯科について
「審美歯科」などは最近話題で虫歯治療などを目的にしている人が、歯の美容などにも効果のある治療をしてくれる歯科病院です。
審美治療などをおこなっていて、色々な治療方法で自分に必要な治療をしていく治療法です。
歯は食事などだけではなく審美的面があり美容などを目的に近い治療で、ホワイトニングなどで歯を白くし、金属を用いた治療で使用した金属を白い歯などに交換などして審美的にする治療法です。
色々な治療法が選択できるのでとても利用者が多く、興味を示している利用者が多い治療法の一つで、とても人気のようです。

矯正歯科とは
矯正歯科とは一般的に出っ歯やうけ口などのかみ合わせの悪い歯並びや不正咬合を自分の歯を生かしたまま治療する歯科です。
これはたんに美しい歯並びを実現するというだけではなく、歯周病や虫歯、咀嚼障害を抑制するためにも重要な治療です。
また、歯並びを整えることで歯のがたつきがなくなり、歯石や歯垢といった虫歯の原因となる菌をつきにくくすることができます。
健康な歯を長く使うための予防的な効果を得られる可能性も高まります。

ベストな時期とは
矯正歯科に通うのに年齢制限はありません。
けれども開始年齢によって治療の効果は違うため、効率的に歯科矯正治療をするには治療の開始時期が重要となります。
特に不正咬合の原因が分かってる場合は、その要因をできるだけ早く取り除くのが大切です。
幼児期においては、乳歯から永久歯に生え変わってから矯正歯科に通うのが一般的です。
乳歯の時に過蓋咬合などの不正咬合があっても自然に治ることも多いためです。
また、永久歯に生え変わった後は改善している場合もあります。

治療方法は

綺麗な歯並びにしたい

矯正歯科における治療方法としては、装置を口の中に入れ歯に一定の力をかけて人工的に動かしていく方法があります。
これは取り外しのできないワイヤーなどを使った矯正器具を使用するのが一般的です。
歯の前面にブラケットと呼ばれる金属の装置をつけて治療します。
セラミック製だとより目立ちづらくなっています。
このほかに歯の裏側に器具を装着して目立ちにくい工夫がされているブラケットもあります。
審美歯科でも同様の治療を行っている場合もあります。

歯科衛生士の業務とは
歯科医院に行くと歯の清掃についてや施術、そして審美歯科部門であるホワイトニング、治療中の歯の型取りをしてくれる人がいます。
これらを担当しているのが、歯科衛生士です。
衛生士は歯科医師の次に幅広く分野を担当しています。
歯のメンテナンス、ホワイトニング、医師のサポート、医師の変わりに患者に説明をしたりします。
衛生士は歯科医院に不可欠な存在です。
患者の話を医師に伝えたり、歯の大事さを患者に伝えたりとコミュニケーション能力も重要となってくる業務なのです。

衛生士の携わり方
衛生士は分野ごとに専門資格があるわけではありません。
オールマイティにできなければならない資格なのです。
もちろん矯正歯科、審美歯科も含まれ、矯正歯科の場合、ワイヤーやブロックの位置づけなどは衛生士が仮の位置を把握し、医師の確認後、衛生士が装着をします。
審美歯科の場合、主にホワイトニング治療を担当します。
インプラント手術での医師のサポートや患者の全身管理なども担っています。
ホワイトニングの施術は医師もできますが、これは衛生士の専門分野といってもいいです。

衛生士の役割
衛生士はすべての治療に関わりがあります。
審美歯科ではインプラント手術の患者の管理、医師のサポート、矯正歯科では装置の装着、患者への矯正治療中のブラッシングの指導などすべての業務を担っています。
しかし、医院によっては矯正歯科や審美歯科をしていないところもあり、衛生士内でのスキルの差は幅広いものです。
衛生士という業務は、患者の歯への意識を高め、医師への的確なサポート、そして医師と患者との間を繋げる役割があります。